売れない居酒屋が陥りやすい失敗

売れない居酒屋が陥りやすい失敗について。酒飲みというのは、基本的に値段に敏感だ。料理のクオリティにもうるさい。だから、少しでも高いなとか美味しくないなと思ったら、次からそのお店には絶対に行かない。ある意味、とても正直な消費者行動だと言える。それを分かってない店主が多いなと感じる。例えば、生ビールが550円でお通しが350円。これだけで900円になる。一品頼んだら、1,200〜1,300円。二品頼んだら2,000円近くなる。この時点で色んなお店を飲み歩いている酒飲みなら「高い」と感じる。昨今、私の敬愛する中島らもが提唱した「せんべろ」が大流行している。せんべろというのは、1,000円でベロベロになれるくらいのお店の略。当時、お金の無かったらも氏は、酒を片手にテーブルのきゅうりを睨みながら飲むという「睨みきゅうり」をしていたいという逸話もある。そこまではいかないにしても、せんべろのお店がどんどん増えてきて、最近ではせんべろ本なるものまで、続々と出版されている。しかも、酒飲みというのは情報が早い。あそこは安いとか、どこそこに○○の新店が出来たとか。独自のネットワークで調べる人もいるし、酒飲み仲間で情報を共有する人もいる。そもそも、一軒あたりにそんなにお金をかけようとは思わない。その日に何軒ハシゴして「トータル」でいくらだった。そういうところに重きを置くのが、真の酒飲みなのだ。そういう心理を分かっているのといないのとでは、値段設定も変わってくる。何から何まで安いから良いという訳ではないが、値段と釣り合ってないなと思われたら、もう二度と来ないよ、というシビアな世界だということだ。客単価がどうとか、回転率がどうとか、難しいことを考える飲食店主はとても多いが。お客さんの素直な心理状況について、真摯に考えている人はとても少ない。だから、売れるお店を作るのは、ある意味、簡単かもしれない。

0コメント

  • 1000 / 1000