ライブハウスの改善案

音楽が好きなので年がら年中ライブハウスに行っている。旅や仕事と絡めて行くこともあるので、北は札幌から南は沖縄の那覇まで。全国各地のライブハウスに足を運んだが、どこも同じようなシステムになっている。だいた入場チケットとは別にドリンク題として500円取られる。高いところでは600円のところもある。普通の缶ビールやペットボトルの水と交換するのだが。隣のコンビニではビールが200〜300円、水なんて100円で売ってる。それでも、そういうシステムだからみんな渋々払っている。これはおかしい。ライブハウスの中で販売する金額を据え置いて、飲みたい人が飲みたいだけ飲めるシステムにした方がよっぽど親切だと思う。ドリンク代はライブハウスの貴重な収入源だという意見もあるかもしれないが、それなら最初から入場料に500円足しておいてほしい。文句は言わない。それとロッカーを使おうと思えば、これはこれで200〜300円かかる。金額は良いのだが、小銭を用意するのが面倒なのだ。ドリンク代と併せて、700〜800円もポケットにしのばせて、ロッカーの鍵も入れて。スマホも入れたら、けっこうかさばる。それなら全てICカードで決済出来るようにすれば良いのだ。ドリンク代もロッカー代も。何ならチケットも紙じゃなしにスマホの画面認証にすれば良い。モバイルSuicaであれば、スマホ一台で全て済むようになる。ライブハウス側は、端末を一台おけばそれでOK。入口の人員も削減できるし、来場者の負担も減る。小銭+鍵+チケット+スマホと、スマホ一台であればその差は歴然だ。これ、絶対にすぐ出来る。単に、どこもやってないから、やってないだけだ。そういう横並び意識をそろそろやめにしてほしい。客の少ないLIVEあたりから、実験的にでも始めてくれないだろうか。そういうライブハウスがあれば、もっと音楽が楽しくなると思う。

0コメント

  • 1000 / 1000