航空会社にお願いしたいこと

航空会社にお願いしたいことがある。余計なサービスは全て廃止にしてほしい。私は最初に作ったマイルのカードがJALだったので、基本的にはJALに乗っているが。余計なことをしてるなといつも思う。まず、ドリンクサービスっているか?よく利用する羽田〜伊丹間なんて飛んでるのはたかだが45分だし、札幌に行っても2時間だ。飲み物くらい、売店や自販機で自分で買えば良い。その方が好きなものを好きなタイミングで飲めるので、客としてもありがたい。たったコップ一杯のドリンクを配るのに、労力をかけ過ぎだと思う。次に、機内誌や機内コンテンツについて。イヤホンが各席に用意されているが、あれを使ってる人は半分もいない。音楽が聞きたい人は、自分のスマホに常にイヤホンを差しているし、活字が読みたい人は、本を必ず持ち込んでいる。私はたまにJAL名人会で落語を聞くが、行きと帰りでは同じ人の同じ噺を聞くことになるので飽きてしまう。だから最近ではiPodに入った落語をずっと聞いている。それと、機内アナウンスが多すぎる。搭乗の感謝に始まり、荷物棚がどうだとか、ただ今、ドアが閉まりましたとか。ドアが閉まろうがどうしようが、こちらはもう座ってシートベルトも締めているのだ。今さらどうしようもないことを、わざわざアナウンスする必要はない。アナウンスが多すぎると何が嫌かというと、その度に機内コンテンツが遮られるのだ。昔、桂歌丸の落語を聞いていて、いよいよサゲに差しかかったちょうど良いタイミングで「皆様、機長の高橋です」とアナウンスがあり、ものすごく残念な気持ちになったことがある。歌丸師匠に失礼だろう!と。落語ファンを代表して叫びたい気持ちになった。飛行機に乗っているのだから、もういい大人なのだ。自分でチケットを買い、搭乗口まで来て、黙って自分の席に座って目的地まで静かにしている。だから、CA(客室乗務員)なんてそんなにいらない。CAがいるから、甘えて、色々と無理難題を言ってくる人が現れるのだ。機内に一人か二人いれば、それで充分。ドリンクの配布、機内誌、機内コンテンツの廃止、アナウンスの激減。CAの削減。これらを全てやると、コストはけっこう下がる。安く快適に移動できるのだから、飛行機の利用率も上がるかもしれない。良いことづくめだと思うし、もう何年も前からずっと提言しているのだが、なかなか変わらない。JALなんて一度倒産したのにも関わらず。じゃあ、どうなったら変わるんだ?と。逆に、問いたい。

0コメント

  • 1000 / 1000