値段もデザインも品質もユニクロに敵わないセレクトショップ

昔は「安いから」ユニクロで買おうという人が多かったが。今や、ユニクロの方がデザインも品質も良いから、ユニクロで買おうという人が随分と増えた気がする。有名ブランドとのコラボも毎シーズンやっている。ルメールのポロシャツは数万円するが、ルメールがデザインしたユニクロのポロシャツなら3,000円で買える。セレクトショップを定点観測していると、もう何年も前から、服を「セレクト」しなくなった。そのお店独自の商品はすっかり影を潜め、オリジナル商品が増えた。それがまた、ユニクロにあるような「無地でシンプル」な商品がほとんどなのだ。ユニクロのように大量生産は当然できない。ということは、ユニクロよりも高くなる。セールでもまだ高い。それをわざわざ買う人は滅多にいない。独自のセレクト商品は無い。ユニクロと同じような商品が、ユニクロよりも高い。これで売れる訳がない。ということに気付いてはいるはずなのだが。特に打開策は打ち出せていない。アパレルで勝負するのはもうやめた方が良い気がする。ユニクロには到底敵わない。それであれば、センスを活かして、アパレル以外のことをどんどんやった方が、企業としては生き残る道があると思う。現に、VANQUISHやFR2を展開している株式会社せーのは、かき氷やクレープを売ったり、カレー屋を始めたりしている。これが普通の発想だと思う。大手のセレクトショップもやろうと思えば出来ると思う。が、やらない。そんな悠長なことがいつまで続くのか。これからも定点観測していこうと思う。

0コメント

  • 1000 / 1000