野球場やサッカー場でビールを2倍売る方法

野球場やサッカー場ではビールが異常に高い。だいたい600円以上はするし、神宮球場では750円、東京ドームなんて800円もする。コンビニやスーパーでは500ミリ缶で300円弱なので、実に2倍以上の価格になっている。たまに「ビール半額day」と称して、一杯350円で売ったりしているが。そんな日には、ビールが飛ぶように売れる。私も普段はコンビニで買って入るが、そんな日は球場内で飲む。ということは。多くの人はそのくらいの値段が「妥当」だと思っているということだ。では何故、野球場やサッカー場ではビールが高くなるのかというと。色んな利権関係と人件費が多くを占めていると思う。特に売り子の数が多すぎる。人が手売りすれば、そりゃコストはかかる。結果的に、ビールは高くなる。これを改善する方法がある。とても簡単な話。自動のビールサーバーを球場中に置けば良いのだ。小銭かsuica等のICカードで支払いをすると、自動的にビールが紙コップに注がれる。値段は一杯350円。人件費はかからない。売店に並ぶ必要もない。決済も簡単。売れないグッズを置いておくよりも、坪単価当たりの売上げも高い。こんなに良いことづくめなのに、まだやっている球場を見たことがない。是非、実現してほしい。そうすると、ビールの売上げなんて簡単に2倍に増える。

0コメント

  • 1000 / 1000